10月 理事長挨拶


日増しに秋の深まりを感じる季節となりましたが、先月に通過した台風18号では緊急アラートが鳴り響き不安な夜を過ごされた方々は多いのではないでしょうか。近年、天災による被害を伝えるニュースが増え続けています。そのような時世の中、全国の青年会議所でも、災害支援活動推進プログラムとして、災害発生時に被災地で起こる様々な問題を事前に学び、被災地支援における現状や課題を認識し、防災に対する知識と意識を向上させ、災害発生時の早急な被災地復旧支援活動が出来るよう準備しています。

どんな試練や困難に直面したとしても、それを乗り越えられる準備が必要であり、その為に自分たち自身がたくましい人に成長し、組織力を高めていかなければなりません。